写俳日記(写真俳句) 写真と俳句のいい関係

総本山慈恩寺

c0065587_146448.jpg


去年の春の山形の旅の途中に訪れた山形県寒河江市の総本山慈恩寺です。

天平18年(746)、聖武天皇の勅命によってバラモン僧正が開いたと伝わる
古い歴史をもつ一山寺院です。

「花曇り鐘楼の鐘撞きて去る 郁子句」
[PR]

by shahai | 2015-04-06 14:13 | 春の写俳
<< 米沢城址 三春の滝桜 >>