写俳日記(写真俳句) 写真と俳句のいい関係

セーヌ川

c0065587_12283454.jpg


パリに旅したときに、ネットで知り合った方の個展を訪ねました。
パリの街の折々の情景を、さらりとした水彩で描いた、心の和む優しい絵でした。

パリの街で画家として活躍していくのは、人知れずの努力があるのではと思いますが、
彼女の作品からは、パリの街への暖かい眼差しが感じられました。

セーヌ川にかかるソルフェリーノ橋から、ルーブル美術館を臨んだ写真です。
今年のフランスはもう夏のような毎日だそうです。

「麗らかや友の個展をたずねゆく」
[PR]

by shahai | 2007-04-26 12:25 | 春の写俳
<< 初夏の朝 牡丹 >>