写俳日記(写真俳句) 写真と俳句のいい関係

山焼き

c0065587_1983570.jpg


春先の晴天で風のない日に、村里に近い野山を焼くこと。

この山焼き風景も珍しくなってきたようです。
春の風物詩がまた一つ消えつつあるのでしょうか・・・

奈良の若草山の山焼きは有名ですが、この山焼きは、
毎年成人式の前日に行われ、若草山焼き行事は、
古都奈良の新年を飾る炎の祭典として、親しまれています。

「母の頬にはるけく動く山火かな 汀女句」
[PR]

by shahai | 2008-03-11 19:18 | 春の写俳
<< 花あんず ニリンソウ >>