写俳日記(写真俳句) 写真と俳句のいい関係

カテゴリ:春の写俳( 128 )


写俳日記2月25日 てんとう虫のサンバ

c0065587_19583584.jpg


マクロの世界をレンズ越しにのぞくと、また違った世界が広がります。
写真を撮る醍醐味でもあります。
命二つ・・・芭蕉はどの命をいっているのでしょうか?
フォントは「ニィスフォントの淡斎古印体舞」を使いました。
このフォントは俳句の雰囲気にピッタリの格調あるフォントで
とても気にいって使っています。
[PR]

by shahai | 2005-02-25 19:16 | 春の写俳

写俳日記2月24日 春の雪

c0065587_2003365.jpg


昨日、春一番が吹き荒れたかと思うと、今夜は一転して雪!・・・
なんとめまぐるしいことでしょうか。
[PR]

by shahai | 2005-02-24 23:26 | 春の写俳

写俳日記2月24日 春一番が吹き荒れて・・・

c0065587_2013923.jpg


昨日は東京に春一番がふきました。でもまだまだ寒さは続きそう。
[PR]

by shahai | 2005-02-24 09:01 | 春の写俳

写俳日記2月23日 夕焼け小焼け♪

c0065587_2024445.jpg


春一番が吹き荒れた今日、花粉も飛びに飛んだことでしょう。
夕方の東京湾に沈む夕日を浴びながら父娘は楽しそうに浜辺を散歩していました。
どんな語らいをしていたのでしょうか?彼女は大人になっても、お父さんと二人で見た夕日の美しさをきっとわすれないことでしょう
[PR]

by shahai | 2005-02-23 17:43 | 春の写俳

写俳日記2月22日 房総半島に春はまだ・・

c0065587_2032769.jpg


子供のころ、九十九里浜の波は大きくて大きくて、こわくてこわくて・・・そんな印象をずっともっていました。今訪れると、こんなに穏やかだったのか!!と・・・大人になるって感動が鈍ることなのでしょうか。(-.-;)
春まだ浅い房総の浜は、サーファー達の天国?曇り空の一日でしたので、海の色がいまいちです。はちきれそうな彼女達の若さが一点の輝きです
[PR]

by shahai | 2005-02-22 21:17 | 春の写俳

写俳日記2月22日 仕事始めの写俳で返写

写真事始め
c0063078_11424012.jpg


伊藤さん、プログスタートおめでとうございます。
おめでとう写俳です
[PR]

by shahai | 2005-02-22 11:42 | 春の写俳

写俳日記2月22日 梅くらべ

ブログに挑戦
c0065587_2042175.jpg


トラックバックってどういうことかわからないのですが、やってみます。
どうなるのかなあ・・
[PR]

by shahai | 2005-02-22 09:04 | 春の写俳

写俳日記2月21日 木瓜の蕾が膨らんで・・

c0063078_18332351.jpg


1月末に房総半島をドライブした折に見つけた可愛い木瓜の蕾をkiss デジタルで撮りました。
加藤楸邨の句を入れて写俳にしました
[PR]

by shahai | 2005-02-21 18:33 | 春の写俳