写俳日記(写真俳句) 写真と俳句のいい関係

<   2007年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧


夏帯や・・・

c0065587_1345837.jpg


夏の和服姿は、だいすきです。
日本の心は、まさに夏の和服姿にあり!でしょうか。。
透ける着物は、見ていても涼しげです。
暑さをじっと我慢して、涼しげな顔をして、まわりに涼を与える。。。
なんて素敵なことでしょう。
今年は、がんばってみましょうかしら・・・

ひさびさに、鈴木真砂女さんの句です。
女のりんとした美しさが、紫陽花から伝わっていただければ・・・

「夏帯や運切りひらき切りひらき 真砂女句」
[PR]

by shahai | 2007-06-19 13:51 | 夏の写俳

紫陽花

c0065587_1739468.jpg


紫陽花が咲き始めました。
その中でも、白い花の紫陽花が大好きです。
みずみずしさが、雨上がりにとてもまぶしい。

「人退きしあとの紫陽花白を愛づ 郁子句」
[PR]

by shahai | 2007-06-15 17:43 | 夏の写俳

薔薇の園

c0065587_23243142.jpg


旧古河庭園は大正6年に古川虎之助が経営した東京の大正初期の代表的な庭園です。
和洋両形式を巧みに使い分けた庭園で、陸奥宗光の邸宅でその後古川家の所有になりました。
何と行ってのここの洋館がここの中心です。この洋館の前の庭園のバラは春と秋に見事な花をつけます。薔薇の品種の多さに驚かされます。
洋館と洋風庭園の設計者は、英国人ジョサイア コンドル博士(1852~1920)です。

モノクロームの洋館の壁に、色彩豊かなマチスの絵、外には・・・
そんなイメージが湧いてきました。

「薫風やマチスの窓も開きおり 郁子句」
[PR]

by shahai | 2007-06-04 23:36 | 夏の写俳