写俳日記(写真俳句) 写真と俳句のいい関係

<   2007年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧


年の市

c0065587_921842.jpg


昨日までは、クリスマスのイルミネーションに彩られ、街は浮き立つような賑わいでした。

一転、街は今朝からはもう新年を迎える顔に・・・・

なんと切り替えの早いことでしょう。

「尼さまのひよこ豆買ふ年の市 郁子句」
[PR]

by shahai | 2007-12-26 09:27 | 冬の写俳

降誕祭

c0065587_1513132.jpg


教会では、クリスマス(降誕祭)の4つ前の日曜日から、クリスマスを準備する期間に入り、この期間を「待降節」とよぶそうです。

日本でも、クリスマスは年中行事として完全に定着しました。
華やかなイルミネーションが街を飾り、庭のある家庭では、庭木などに電飾を施すところもずいぶんと増えてきています。

孫もサンタさん似合えることを楽しみにしているようです。

「木と紙のおもちゃの家や降誕祭 早智子句」
[PR]

by shahai | 2007-12-22 02:00 | クリスマスの写俳

大人のブログ探訪に紹介されました

c0065587_13582029.jpg


ブログ「写俳日記」が、日経BP社の日経BP NET の
セカンドステージ大人のブログ探訪に載りました。

c0065587_1451238.jpg



エキサイトブログの9月の今週のピックアップブロガーについでの
ご紹介です。

この写俳日記を目に留めていただけて、とても嬉しく思います。
来年も、移りゆく季節に時代の香りをのせて、紹介していけるように
頑張ります。

これからもどうぞ宜しくお願いいたします。
[PR]

by shahai | 2007-12-20 14:06

回転ドア

c0065587_9545243.jpg


東京タワーとイルミネーションをどうやって一枚に入れるか・・・
あれこれとトライして、ちょっぴりお気に入りの一枚です。

「回転ドア押して予感のクリスマス 郁子句」
[PR]

by shahai | 2007-12-18 09:57 | クリスマスの写俳

東京タワーのイルミネーション

c0065587_9124271.jpg


東京は、様々なイルミネーションで彩られる季節となりました。
さながら光の町・・・
美しい季節です。

俳句を送ってくださる郁子さんから

「クリスマスツリーでは、それだけで8文字も使うので、殆んど「聖樹」の季語を使います。
去年あたりから、ダイオードのブルーのイルミネーションが多く、
幻想的で独特の雰囲気があるので、どうしても詠みたいと色々試みましたが、
俳句では、無理。詩の世界です。短歌なら何とか詠めますが、残念。」

そうか、イルミネーションは、詩の世界・・・なんですね。

「みどり児の瞳と聖樹の銀の星 郁子句」
[PR]

by shahai | 2007-12-11 09:19 | クリスマスの写俳

冬涛(ふゆなみ)

c0065587_12223355.jpg


季節風が強い冬の海は、自然の厳しさそのものです。
真砂女さんの人生の厳しさが、この冬涛によく現れています。

写真がちょっと明るすぎる感がしますが、御容赦ください。

「口きいてくれず冬涛見てばかり 真砂女句」
[PR]

by shahai | 2007-12-06 12:32 | 冬の写俳

返り花

c0065587_14462217.jpg


年々季節感がなくなってきているような気がします。
今年の夏に、なんと我が家の鉢植えの梅が花をつけました。

写真は、十月桜、去年の秋から半年間可憐な花を咲かせ続けました。

今年はちょっとお疲れ模様で、ちらほら・・・
地植えにしたので、来年はきっと元気になってくれることでしょう。

この桜は冬桜なので返り花ではありませんが、
「返り花」にはやっぱり桜が一番似合います。

「秘めごとをふと洩らすがに返り花 郁子句」
[PR]

by shahai | 2007-12-03 14:49 | 冬の写俳