写俳日記(写真俳句) 写真と俳句のいい関係

<   2008年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧


たんぽぽの絮

c0065587_0182153.jpg


孫と公園でたんぽぽの絮毛を飛ばしました。
彼女の今のマイブームのようです。


小さな口の周りに絮毛のおひげがついていました。

「休らへばたんぽぽの絮惑ふほど 郁子句」
[PR]

by shahai | 2008-04-30 00:23 | 春の写俳

タンポポ

c0065587_1502759.jpg


タンポポが、春を喜んでいっせいに咲いています。

かわいいですねぇ。。。

句は、郁子さんの作品です。

「風光るアーモンド目の少女居て 郁子句」
[PR]

by shahai | 2008-04-18 01:52 | 春の写俳

春ショール

c0065587_058284.jpg


東京の桜はもう散ってしまいました。

この写俳は、モデルが私、写真がAさん、俳句が郁子さんという
三者のコラボレート作品です。

残念ながら、俳句の女性のような艶は私にはありません。
淋しい限りです。

このショールはきっと桜色のはんなりした柔らかいショールなのでしょうねぇ。。

「この恋の行方は知らず春ショール 郁子句」
[PR]

by shahai | 2008-04-10 01:02 | 春の写俳

糸桜

c0065587_1342541.jpg


円山公園・三春・角館・・・枝垂桜は、可憐さと妖艶さをそなえた美しさを感じます。

桜のこの季節、どうも心が落ち着きません。

どうしてなのでしょうか・・・

「糸桜かなしきまでにしだれをり 郁子句」
[PR]

by shahai | 2008-04-04 01:39 | 春の写俳

万愚節

c0065587_8335498.jpg


今日はエイプリルフールです。

エイプリルフールは、日本語では「四月馬鹿(四月バカ)」、漢語的表現では「万愚節」、フランス語では「ポワソン・ダヴリル」(Poisson d'avril, 四月の魚)と呼ばれているそうです。

日本では四月一日は、「日ごろの不義理を詫びる日」だったそうです。

私には、嘘をつくより、不義理をお詫びする日にしたほうがいいようです。

写俳は、ちょっぴり艶っぽい想像が膨らむでしょうか。。

「口づけを髪に許さる万愚節 悦男句」
[PR]

by shahai | 2008-04-01 08:36 | 春の写俳