写俳日記(写真俳句) 写真と俳句のいい関係

<   2009年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧


チューリップ

c0065587_18495355.jpg


昭和記念講演のチューリップが見事だと、何かで聞きました。
行って見たい・・・と思っていたら、アクシデントが!

18日、毎月伊東のお寺での座禅会に行っているのですが、
斉座(昼食)ようにと、畑でスナップエンドウを夢中で採っていたところ、
突然地面が無くなって!!

なんと、いのしし捕獲の落とし穴に落ちてしまい、
肋骨4本骨折してしまいました。

おかげで26日からの東北角館・弘前の桜見物旅行がパ~~~~!
になりました。(>_<)

満開の写真をたっぷりとってこれるかなぁ。。
と期待に胸が膨らんでいたのですが、残念です。
楽しみは来年にとっておくことにして、

全治3ヶ月の骨休めをすることに致します。

「生きめやも春気みなぎる雲と風 郁子句」
[PR]

by shahai | 2009-04-22 19:04 | 春の写俳

菜の花

c0065587_0285424.jpg


先々週の週末に、埼玉県幸手市の権現堂堤の桜を見てきました。
ここは桜堤に一面の菜の花畑・・・
とても新鮮な気分になりました。

桜ではなく、菜の花を主役にした写俳を作ってみました。

「雁ゆきてまた夕空を滴らす 湘子句」
[PR]

by shahai | 2009-04-17 00:33 | 春の写俳

ソメイヨシノ

c0065587_0321845.jpg


久しぶりに、鈴木真砂女さんの句でつくりました。

真砂女さんの波乱に富んだ人生から生み出された句は、

おりおりの心の動きが鮮やかに表現されています。

「死ぬことのいやでなき日よ青き踏む 真砂女句」

西行の歌を思い出しました。

「願はくは 花の下にて 春死なむ その如月の 望月のころ」
[PR]

by shahai | 2009-04-10 00:44 | 春の写俳

コヒガンザクラ

c0065587_9485036.jpg


桜・・・満開の桜を見ていると、心が浮き立ってきます。

桜便りは、やる気を生むそうです。
満開に咲き乱れる桜を見ていると、なんだか嬉しくなるのは、ドーパミンの大量放出の効果
なんですって。。。

去年の秋から始まった世界金融危機の嵐が、冷たい北風を尚いっそう冷たく感じさせました。
心も身体も凍ってしまったようです。

でも、夜明けの無い夜は無い!
春の来ない冬は無い!

今年ほど、満開の桜を心待ちにした年は無いのでは。。。

さあ!満開の桜の下で、「ヨッシャ~~~!」って、鋭気を養い、
明日から、日本の元気の為に、がんばりましょう。

「貝ひとつ残して春の渚かな 郁子句」
[PR]

by shahai | 2009-04-04 09:56 | 春の写俳