写俳日記(写真俳句) 写真と俳句のいい関係

<   2016年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧


平林寺山門

c0065587_17595032.jpg


野火止にある武蔵野の自然が残る平林寺。

平林寺は臨済宗妙心寺派のお寺です。

修行僧の方々冬の厳しい修行をされていることでしょう。

警策の澄んだ音が聞こえてくるようです。

「寒晴や金剛力士に喝受けて 郁子句」
[PR]

by shahai | 2016-01-27 18:04 | 冬の写俳

雪吊り

c0065587_820237.jpg


去年の東京は雪が積もることもなく、
椿山荘の雪吊りもホッとしていたことでしょう。
今年は大活躍するのでしょうか。

「雪吊や雪のけはひもなく晴れて 郁子句」
[PR]

by shahai | 2016-01-24 08:22 | 冬の写俳

実南天

c0065587_19401937.jpg


実南天は秋の季語ですが、
でも私はどうしてもお正月をイメージしてしまうのです。

「南天」は「難転」「難が転ずる」縁起の良い木だと、
よく家の玄関先に植えられています。

赤い実がたわわに実った南天の姿は美しい女性をイメージしてしまいます。

「愛しきは小鳥と稚(やや)と実南天 郁子句」
[PR]

by shahai | 2016-01-20 19:44 | 新年の写俳

水仙

c0065587_21243930.jpg


暖冬だと思っていましたら、
冬将軍が居座りました。
明日からグッと寒さが厳しくなるようです。
体調には十分気を付けましょう。

「風に佇つ少女の瞳春を待つ 郁子句」
[PR]

by shahai | 2016-01-16 21:24 | 冬の写俳

冬木立

c0065587_11195959.jpg


新宿御苑のフランス式整形庭園にあるプラタナスの並木。
パリにいるような気分になれます。
初夏はきっとさわやかな緑あふれる並木道になるでしょうね。

「冬木立わが魂のシンフォニー 郁子句」
[PR]

by shahai | 2016-01-13 11:24 | 冬の写俳

彦根城

c0065587_945485.jpg


姫路城、松本城、犬山城とともに国宝に指定されている彦根城。
最近では、ゆるキャラ「ひこにゃん」で有名になりました。

お城に行くと毎日ひこにゃんに会えますよ。

私は残念ながら、パネルのひこにゃんにしか会えませんでしたが・・・

「天守冴ゆ今守るべきものありて 郁子句」
[PR]

by shahai | 2016-01-09 09:09 | 新年の写俳

彦根キャッスルロード

c0065587_125399.jpg


彦根のキャッスルロードにある新聞屋さん。

暖簾が気に入りました。

「仕事初め時の手綱を握りしめ 郁子句」
[PR]

by shahai | 2016-01-05 12:07 | 新年の写俳

玄宮園

c0065587_9365861.jpg


明けましておめでとうございます。

去年の暮れに、友人と訪れた彦根城の玄宮園です。

江戸時代初期の延宝6年(1678年)に彦根藩4代藩主井伊直興が整備したといわれています。

城の北東にある大名庭園で、琵琶湖や中国の瀟湘(しょうしょう)八景にちなんで
選ばれた近江八景を模してつくられたとのこと。

昨年は、井伊直弼生誕200年を祝うイベントが行われていました。

井伊直弼はドラマなどでは幕末に志士たちを弾圧した悪人と
描かれていることが多いのですが、

本当は、文武両道の名君であったことが、彦根に行ってよくわかりました。

また訪れてみたい場所です。
[PR]

by shahai | 2016-01-01 09:51 | 新年の写俳