写俳日記(写真俳句) 写真と俳句のいい関係

<   2016年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧


竹の秋

c0065587_7191627.jpg


同じく長興寺の羅漢さんたち。

羅漢さんも春を心待ちにしていたことでしょう。

私の好きな一枚です。

そして、「竹の秋」も好きな季語の一つです。
竹は春に葉が黄変して落とします。
晩春の頃ですが、すこし季節を先取りし過ぎたでしょうか。
ちなみに「竹の春」は秋の季語。


「竹の秋羅漢は立ちて瞑想す 郁子句」
[PR]

by shahai | 2016-02-23 07:25 | 春の写俳

羅漢さん

c0065587_12415439.jpg


ずいぶん前になりますが、茨城の春散歩をしました。
ふと立ち寄った長興寺というお寺に、可愛らしい羅漢さんが。

椿の花かんざしがとてもお似合いです。

「阿羅漢の老いてぞ好む紅椿 郁子句」
[PR]

by shahai | 2016-02-20 12:41 | 春の写俳

銀山温泉

c0065587_9492566.jpg


山形県の銀山温泉に足を踏み入れると、
昭和の時代にタイムスリップした気分になります。

今年は早春とはいっても、まだ雪深いのでしょうか。

「更けゆけばただ外灯の冴返る 郁子句」
[PR]

by shahai | 2016-02-15 09:53 | 春の写俳

サンシュユ

c0065587_13462046.jpg


まだまだ寒い日が続きましすが、
南の方より、春の便りが届き始めました。

梅と並んで春を告げる「サンシュユ」。

サンシュユの別名は「ハルコガネバナ(春黄金花)」だそうです。

冷たい北風の中で、サンシュユの花を見つけると
心がほっこりしてきます。

日銀がマイナス金利を打ち出したとたん
円が高騰し始めました。
せっかくインバウンドが活性化しているのに・・・

「山茱萸や明日といふ日を信じたし 郁子句」
[PR]

by shahai | 2016-02-11 13:54 | 春の写俳

冬の湖

c0065587_16562542.jpg


2月に入りました。
1年でいちば寒い月です。

表は凍てつく寒さでも、心に熱い灯を灯しながら過ごしましょう。

「森深し氷の悲鳴こだまして 郁子句」
[PR]

by shahai | 2016-02-01 16:59 | 冬の写俳