写俳日記(写真俳句) 写真と俳句のいい関係

木瓜の花

c0065587_1955488.jpg


ボケ(木瓜)の果実が瓜に似ていて、
木になる瓜で「木瓜(もけ)」とよばれたものが
「ぼけ」に転訛したとも、「木瓜(ぼっくわ)」から
「ぼけ」に転訛したとも言われているそうです。

私は「ぼっくわ」のほうが、
はんなりした紅色のかわいい花にはいいように思いますが・・・

「子育ての記憶はるけし木瓜の花 郁子句」
[PR]

# by shahai | 2016-03-10 19:59 | 春の写俳

「四季」春

c0065587_105349.jpg


演奏会にようこそ♪

「かまきりの老いてオブジェとなるなる春よ 郁子句」
[PR]

# by shahai | 2016-03-05 10:07 | 春の写俳

竹の秋

c0065587_7191627.jpg


同じく長興寺の羅漢さんたち。

羅漢さんも春を心待ちにしていたことでしょう。

私の好きな一枚です。

そして、「竹の秋」も好きな季語の一つです。
竹は春に葉が黄変して落とします。
晩春の頃ですが、すこし季節を先取りし過ぎたでしょうか。
ちなみに「竹の春」は秋の季語。


「竹の秋羅漢は立ちて瞑想す 郁子句」
[PR]

# by shahai | 2016-02-23 07:25 | 春の写俳

羅漢さん

c0065587_12415439.jpg


ずいぶん前になりますが、茨城の春散歩をしました。
ふと立ち寄った長興寺というお寺に、可愛らしい羅漢さんが。

椿の花かんざしがとてもお似合いです。

「阿羅漢の老いてぞ好む紅椿 郁子句」
[PR]

# by shahai | 2016-02-20 12:41 | 春の写俳

銀山温泉

c0065587_9492566.jpg


山形県の銀山温泉に足を踏み入れると、
昭和の時代にタイムスリップした気分になります。

今年は早春とはいっても、まだ雪深いのでしょうか。

「更けゆけばただ外灯の冴返る 郁子句」
[PR]

# by shahai | 2016-02-15 09:53 | 春の写俳