写俳日記(写真俳句) 写真と俳句のいい関係

沙羅双樹

c0065587_7423141.jpg


団地の自転車置き場の前に、6月に白い花をつける木が2本あります。
今年やっとその木の名前がわかりました。沙羅双樹です。
夏椿といった方が正しいかもしれません。
朝に咲いて、午後には落ちてしまうこの花は、命のはかなさを感じさせます。

「父の日や父のことなほ書かず過ぎ 郁子句」
[PR]

by shahai | 2006-07-05 07:43 | 夏の写俳
<< 紫陽花 ピペリカム >>