写俳日記(写真俳句) 写真と俳句のいい関係

水の秋

c0065587_23523961.jpg

木々が色づきはじめ、カレンダーも薄くなっていくと
時の流れの速さを感じます。もう一度、母の胎内から始められたら・・・
どんな自分を生きることができるでしょうか・・・

「胎内へ再(ま)た還りたし水の秋 真鍋郁子句」
[PR]

by shahai | 2006-10-22 23:52 | 秋の写俳
<< 今朝の秋 水上バス >>