人気ブログランキング |

写俳日記(写真俳句) 写真と俳句のいい関係

節分草

c0065587_12503015.jpg


節分とは、立春の前日を言います。
本来は季節の変わり目の意味です。
この夜は、邪気を追い払い、春を迎えるためのさまざまな行事が行われます。

家庭でも戸口に柊の枝や鰯の頭をさし、豆を撒いて邪気を追い払います。

私が子どもの頃は、夜の帳が下りる頃、家々から

「鬼は~外!福は~内!!」という元気な声が聞こえていました。
私も大声を上げたことを思い出しました。

そうそう、声を上げて豆を撒き、急いで戸を閉めましたねぇ。。

鬼が戻ってこないように。福がにげないように。。

写真は「節分草」です。
あまりにかわいかったので、鉢植えを買ってしまいました。
ちいさな花がまだ寒さの続く毎日に、
心にポッと暖かい灯をともしてくれそうです。

「豆撒く子心に鬼をまだ持たず みづえ句」

by shahai | 2008-02-01 12:59 | 冬の写俳
<< 白障子 枯草 >>