人気ブログランキング |

写俳日記(写真俳句) 写真と俳句のいい関係

箱根山椒薔薇

c0065587_2338942.jpg


葉がサンショウ(山椒)に似ているのでその名が付けられたバラ科の落葉小高木です。

枝には山椒と同様、刺があります。花は蕾のうちは濃赤色をしていますが、
開花すると美しい一重で大輪の淡紅色の花弁になります。

とても可憐な花です。

花には似つかわしくない太い幹や、荒々しい刺が野生感たっぷりです。

カミキリムシが、蜜を吸っていました。

夏書(げがき)とは、安居(あんご)の間に経文を書写する事で、
安居とは、梵語(古代インドの文語であるサンスクリット語)の訳語で、元々は雨や 雨期を意味します。

東京は梅雨のような雨が続いています。。

「ひらがなの母にまゐらす夏書かな 静雲句」

by shahai | 2008-05-29 23:50 | 夏の写俳
<< しぶき( 蕺) 薄暑 >>